トップ > 知識学習プログラム・ニッセイ緑の環境講座

ニッセイ緑の環境講座

「Ⅰ.復興支援シンポジウム」

第2回ニッセイ緑の財団復興支援シンポジウム「広がれ、つながれ学校の森」(終了しました)


震災という自然の脅威は、生きる為に自然を学ぶことの大切さを教えてくれました。
環境学習や防災・減災教育の場、地域と学校が繋がる場、様々な学外支援者と協同する場としての「学校の森」がもっと広がることを望んでいます。

1 かつての学校林を環境学習の場に再生!
2 木の名前を知らなくても樹名板があればOK!
3 地域やPTAのサポートで安全管理もOK!
4 総合学習/理科/図工/生活科/国語…どんな教科でも森は生徒の自由な発想を引き出す!
5 学校に森がなくても「学校の森」はOK??

学校、地域、PTA、森の達人が協力して実現させる“子ども達が元気一杯遊んで学べる「森の学校」”
子ども達の元気いっぱいの発表を聞いてください!

開催日時 2014年1月19日(日) 12:00〜16:30
会場 せんだいメディアテーク1階オープンスクエア
協力 宮城県森林インストラクター協会、一般社団法人地球の楽好
後援 林野庁、東北地方環境事務所、公益社団法人国土緑化推進機構、宮城県教育委員会、
仙台市教育委員会、河北新報社、KHB東日本放送、株式会社日本林業調査会
日本生命仙台支社
実施プログラム 12:00 木と遊ぼう 木工体験等 開始
13:00 主催者挨拶
13:15 生徒による「学校の森」取組み発表
15:40 子ども達の木工体験(お土産づくり)
      ※ 併行して先生他参加者での交流会
16:30 閉会
発表校一覧 下記一覧表を参照

※ 一覧表内、テキストをクリックすると関連する資料・リンクが表示されます。

発表順 発表校/発表団体 発表テーマ 発表校への質問と回答
1 仙台市立泉松陵小学校 伝えよう 豊かなけやき山 ~人と自然~ 小里小学校からの質問
2 柴田町立西住小学校 ぼくたち・わたしたちの西住チャレンジパーク 北上小学校からの質問
3 角田市立藤尾小学校 ぼくらには花と緑とゆめがある
~植林活動を通して学んだ木の力~
泉松陵小学校からの質問
4 仙台市立南材木町小学校 やる気と工夫で校庭が学校の森に大変身 豊ヶ丘小学校からの質問
5 涌谷町立小里小学校 八幡森のおさとっ子 ~歴史と自然とともに歩む~ 藤尾小学校からの質問
6 石巻市立北上小学校 うらやま・ひなんじょ・子どもの遊び場
~小学校での地域と学校の協働による遊び場づくり~
松島第五小学校からの質問
北上プレーパーク有志の会 愛子小学校からの質問
7 岡山県英田郡西粟倉村立西粟倉小学校 森とともに生きる村のふるさと元気学習
~ふるさとをゲンキにするために、私たちにできること~
南材木町小学校からの質問
8 仙台市立三条中学校 三条中学校林 森と触れ合う体験学習 川前小学校からの質問
9 仙台市立川前小学校 私たちの里山「蒲沢山」の四季 ~里山歩きを通して~ 柴田小学校からの質問
10 松島町立松島第五小学校 松島の森を学ぶ 三条中学校からの質問
11 柴田町立柴田小学校 蘇る学校の森 みんなの森で遊ぼう
~「自然と共に生きる」 それが私たちのメッセージ~
西住小学校からの質問
12 仙台市立愛子小学校 愛子の森探検隊! ~未来の愛子の森に願いをこめて~ 西粟倉小学校からの質問
13 東京都多摩市立豊ヶ丘小学校 学校林プロジェクト ~はじめの一歩~ 愛子小学校からの質問

(注意事項)
 当ホームページ「サイトのご利用にあたって」内に記載しております。
 特に、発表スライド内には児童・生徒の写真もございますので、重ねて複製や転載はご遠慮ください。

「Ⅱ.ニッセイ緑の環境講座」

ニッセイ緑の環境講座 持続可能な地域のプロデュース
〜森を活かして、地域をつなぎ、誇りを産み出すフロントランナー〜(終了しました)


今年度のニッセイ緑の環境講座は、昨年度に引き続き、自然と人間の関係の見直しが広く行われる中、森の恵みの再認識を中心に取り上げます。

中山間地域で森林が産み出すめぐみを全国の消費者に注目される商品に変え、販売で得た利益を地域の森林の手入れに活用するやり方で持続可能な地域のプロデュースに取組まれている先駆者(フロントランナー)にお越し頂き、これまでの活動や今後の展望について語って頂きます。その後、講師と一緒に活動をしてきた方々にも入って頂き、質疑応答を交えて参加者の皆様とのコミュニケーションの場を用意しておりますので、是非ご参加下さい。

【大阪開催】

開催日時 2014年2月1日(土) 13:30〜16:00
会場 ニッセイ新大阪ビル13階 A・B・C会議室
協力 公益社団法人日本環境教育フォーラム
後援 林野庁、公益社団法人国土緑化推進機構、株式会社日本林業調査会
内容 (1)小椋氏に川上領域、牧氏に川下領域を分担頂き、後者を中心とした発表
(2)参加者と発表者との質疑応答
発表者 牧 大介 氏 (株式会社 西粟倉・森の学校 代表)
小椋 一成 氏 (西粟倉村 産業観光課 百年の森構想推進係 課長補佐)

【東京開催】(東京開催は、大雪の影響により中止とさせて頂きました)

開催日時 2014年2月15日(土) 13:30〜16:00
会場 新宿NSビル30階 ルーム5・6
協力 公益社団法人日本環境教育フォーラム
後援 林野庁、公益社団法人国土緑化推進機構、株式会社日本林業調査会
内容 (1)仕掛人である島﨑氏による、取組全体に関する発表
(2)様々なステークスホルダーによる、多面的なパネルディスカッション
発表者 島﨑 武重郎氏(NPO法人秩父百年の森 理事長、秩父樹液生産協同組合 専務理事)
パネリスト 植村 哲士 氏<コーディネーター>  (野村総合研究所 主任コンサルタント)
田島 克己 氏(秩父樹液生産協同組合 理事、森林情報士)
関根  修 氏 (秩父郡横瀬町町議会 議長)
山中 敬久 氏 (秩父樹液生産協同組合 代表、秩父市大滝山林振興協議会 会長)
大山 敏雄 氏 (GNH工房(工場野菜研究開発)、未来農林事業開発研究会 副会長)
藤原 隆司 氏 (埼玉大学科学分析支援センター 准教授)
井上 研史 氏 (秩父観光土産品協同組合 専務理事)

過去の取り組み

メールマガジン

(メールマガジンは現在工事中です)

このページのトップへ